アパートやマンションなど賃貸経営のメリットとデメリット

アパートやマンションなど賃貸経営のメリットとデメリット

将来に備えて不安な気持ちがあります。社会保障制度が充分でない日本ですから、なんとか自分である程度の稼ぎを確保しておくと安心できます。そういった状隠の中で注目されているのがマンション経営やアパート経営の賃貸経営です。お金に余裕があるならば、アパートを1棟購入して賃貸経営することも可能でしょう。しかし、注意をしなければならないのはリスクがあることです。今回は【アパートやマンションなど賃貸経営のメリットとデメリット】について解説します。

参照資料⇒賃貸経営の利回り http://www.kenyonpowerboats.com/

ここでは概要を説明することにして、詳しくは別ページで解説をすることにします。リスクはありますが、それの解決方法もあります。損失回避をすることも大切です。そして、デメリットを上回る大きなメリットがあるので、余裕資金があるならば賃貸経営は魅力的な投資になると思います。

実際に賃貸経営をすることによって、どういった部分が有利になるのでしょうか?それは将来的なお金に関する不安が払拭(ふっしょく)されるという点が考えられます。賃貸経営をすることで定期的な収入になれば年金では生活では足りないと思える生活費のプラスになります。

そして不動産はオーナーさんに万が一なことが起きた場合でも遺産として残ることです。ここで心配なことはその物件のローン返済が残っていることもあることです。ですが、それも団体生命保険に加入していれば心配はありません。死亡した場合でもローン返済は保険でカバーしてくれるのです。

また不動産価値はインフレとかデフレとかに左右されないメリットがあります。お金の場合は、こういった経済的なファクターに影響を受けやすいですが不動産物件の場合は、お金の価値に連動しやすいのが特徴です。
これ以外にも相続税などの税金対策にも有利に働きます。

このようにメリットがあるのですが、賃貸経営にデメリットがないわけではありません。ついついメリットに目が行きがちです。不動産管理会社も、どうしてもメリットを強調しがちです。ですが、賃貸経営は大きな投資になることもしっかりと意識しておきたいです。

デメリットの部分もしっかりと理解しておきましょう。詳細は別ページで解説してゆきます。まずは空室になってしまうこともあることです。最初は新築であっても、年月が経過することになるとどうしても古くなります。入居者もいりいろいろな事情から引越することもでてくると思われます。そんな場合に新しい入居者を探すわけですが、築年数が古くなった物件は不利になります。

古くなった物件に関しては手をいれてリノベーションして魅力的なアパートやマンションに変身させなければ借り手は見向きもしてくれません。そこにはコストが必要になってきます。こういったランニングコストがかかることも想定しておかなければ失敗します。デメリットというと言い過ぎかもしれませんが頭の隅に置いておきたいです。

また自然災害の問題もあります。今は日本全国どこにいても災害のリスクを避けることはできません。台風がきたり地震が発生したりです。こういったデメリットはありますが、保険に入っておけば安心できます。地震保険や火災保険はとても大切なアイテムになります。「加入しておかなくても大丈夫だろう」ではなくて「加入しておかなければ心配だ」という考えが大切です。

そして、マンションやアパートを現金で購入している場合は問題ないですが、ローンを組んでいる場合は金利の問題もあります。固定金利を選ぶのが良いのか変動金利がいいのかも別ページで説明しています。