では【アパートやマンションなど賃貸経営のデメリット(後編)】をスタートしましょう。

■建物は経年劣化によって老朽化することがあります。
賃貸経営をする場合には建物が経年劣化することを意識しておきましょう。どのように頑張ってもこれを避けることは不可能です。すっかりと古くさくなってしまった不動産物件は魅力もなくなるので入居者の確保が難しいです。その結果として家賃を下げるしか選択肢はなくなってきます。

収支計画を立案する際には、修繕費や管理費などのランニングコストを想定しておきましょう。事前に試算しておけば慌てることはありません。適切にリノベーションをしていけば魅力が下がることはありません。

■災害のリスクがあること
最近は特に地震・津波・ゲリラ豪雨・台風の被害が増えてきています。火災や地震などの自然災害の影響を受けて建物が倒壊してしまったり流失・消失してしまうこともあるのです。火災保険や地震保険など保険には必ず加入しておくようにしましょう。これはケチるところでないですね。

■金利の上昇のリスクがあること
変動金利を使って賃貸経営を始めることもあるでしょう。この場合にはもしも金利が上昇した場合にローンの返済金額もアップします。金利が変動することも考慮しておきましょう。余裕を持った資産計画を立てるといいでしょう。低金利の時期ならば固定金利にすることも検討してみてください。

今後、金利の上昇が予想されるならば固定金利期間を長くしておくといいでしょう。融資の方法によってリスク対策ができます。

■売却時にもリスクがあること
もしも万一のことがあって不動産を売却するときも、早く売却できる保証はありません。買い手が見つかった場合でも料金が会うかどうかの問題もあります。