空き室リスクは賃貸経営において最大のリスクであると言えるものです

賃貸経営においては、究極するところ期待して家賃収入を得られるかどうかが全てですから、空き室リスクは最も重大なリスクと言えます。
本記事では、賃貸経営において空き室率が高いことは致命的だと言える空き室リスクの恐怖とその対策についてご紹介いたします。

■空き室リスクとは賃貸経営の成否そのものを判断する経営上の最大のリスクです

賃貸経営において最も懸念されるリスクとは、空き室リスクであると言えます。
購入した物件に入居者がいなければ経営そのものが赤字になるからです。

空き室リスクとは、その名の通り、賃貸物件にいつまでも入居者が入らないために利益が出ず、ひたすら経費だけが発生し続ける状態のリスクです。
そのため、賃貸経営のために不動産物件を購入する際には、絶対に空き室によって赤字になることがないようにさまざまな対策を考える必要があります。

■日本全国の賃貸物件全体のおよそ6件に1件が空き室です

平成20年時に総務省が調査し、発表した「住宅・土地統計調査」によると、日本の賃貸物件における空室率は18.7%というデータが算出されました。
これは、日本中の賃貸物件のおよそ6件に1件が空き室であるということです。
ですから、値段と利回りだけを考えて賃貸経営用の物件を購入しても、必ずしも期待した収益が得られない状況であると言えます。

■購入する賃貸物件の価値が投じた資産に見合っているか慎重に判断しましょう

空き室リスクを回避するためには、賃貸物件を購入する前に物件そのものの価値を的確に見極めることが大切です。
建物の状態そのものも重要ですが、その他にも、駅やバス停からの距離、住居近辺にある施設、騒音や災害状況、犯罪発生率など、確認すべきことはたくさんあります。
特に、物件そのものではなく物件がある地域そのものの評判はよく調査し忘れがちなので、注意して購入するオーナー自身の目で確かめてみましょう。